2件のコメント

4Gamerにシティコネクション・吉川氏とゼロディブ・原神氏のインタビュー記事が掲載『ストライカーズ2020(仮)』と『対戦ホットギミック アクセス雀』発表

『ストライカーズ2020(仮)』

1 no name@NS-NEWS 2019/05/18(土) 00:27:03.11 ID:qQuLPcha0.net
アーケードを知る職人タッグで彩京シューティングが復刻&再始動。シティコネクション吉川延宏氏&ゼロディブ原神敬幸氏インタビュー
https://www.4gamer.net/games/999/G999903/20190510088/
2 no name@NS-NEWS 2019/05/18(土) 00:30:33.13 ID:qQuLPcha0.net
4Gamer:
 続いて新作情報を聞かせてください。「ストライカーズ2020(仮)」なる新作を用意していると聞いているのですが。

吉川氏:
 「ストライカーズ2020(仮)」ですが,ライブラリシリーズは進めていくとして,同時に新作も作らなければと考えたのが企画の始まりです。
シティコネクションはゲームのIPを集めて,ライブラリを作るだけの会社ではないということです。
また,彩京だけでなくジャレコのタイトルも新作のラインを引いていく予定で,割合としてはライブラリ3~4本に対して,新作1本くらいにはなるかなと考えています。

4Gamer:
 ストライカーズの新作に決まった理由はあるのでしょうか。

吉川氏:
 彩京の新作で何を作るか,といった話を原神としたときに,まずは「ストライカーズ」でしょって。
そこの意見は最初から私と原神で完全に一致していました。
ですが,まだタイトルが決まっただけでして,現状は「ストライカーズ2020(仮)」はどういったチーム編成で開発していこうか? みたいな話をし始めたくらいです。

4Gamer:
 発売時期やプラットフォームについてお話しいただける情報はありますか。

吉川氏:
 そのあたりは全然決まっていません。
プラットフォームは現時点で決め打ちする状況ではないですし,そもそもウチは基本的にマルチプラットフォームでやっているので,「ストライカーズ2020(仮)」もマルチプラットフォームで展開することになると思います。

4Gamer:
 マルチプラットフォームということは,家庭用機向けに発売されるということでしょうか。

原神氏:
 まずは家庭用機向けですが,ストライカーズはアーケードからのタイトルなので,マルチプラットフォームの中にはアーケードも含まれると思います。

吉川氏:
 シティコネクションとゼロディブのマルチプラットフォームという定義にアーケードは確実に入っています。
ただ何度も言いますが,「(仮)」ということで,まだ何も決まっていません。
実は今日「ストライカーズ20XX」で発表しようかなと迷っていたぐらいなんですよ。
2020年に出なかった時のために(笑)。

4Gamer:
 「ストライカーズ2020(仮)」にしたということは,2020年には発売されるということでしょうか。

吉川氏:
 ……それはまあ,2020ってタイトルをつけたらこちらの気合が入るじゃないですか(笑)。

原神氏:
 2021だとキリが悪いんですよね。あと,ユーザーさんをそれほど待たせることなく新しい「ストライカーズ」を提供したいとも考えていますし。

3 no name@NS-NEWS 2019/05/18(土) 00:32:58.61 ID:qQuLPcha0.net
4Gamer:
 内容は決まっていないということですが,戦闘機を操作する縦シューである,といった大前提は踏襲しているんですよね?

原神氏:
 はい,そこはもちろんです。縦画面モニターに対応した縦シューになります。

4Gamer:
 あくまでイメージとしてですが,「2020」は従来の「ストライカーズ」シリーズでは,どの作品に近いゲームになりそうですか。

原神氏:
 ユーザーさんが「ストライカーズ」と言われて思い浮かべるのは,「ストライカーズ1945」「ストライカーズ1945 II」だと思うんですよ。
ですので,それらに近い感覚にはなると思っています。
ただ,難度的に初めてシリーズを遊ぶユーザーさんが楽しめない可能性もあるので,そこは工夫したいところですね。

吉川氏:
 我々は社長兼プロデューサーであって,プランナーやディレクターではないので,いま話していることがすべて白紙になって,ゲームが完成する可能性もあります(笑)。
現状ではこんな話をしていて企画は進んでいるということを知ってもらえればなと。

4Gamer:
 話を聞く限りでは,往年のファンが思い浮かべる「ストライカーズ」シリーズのイメージから大きく離れることはないようで安心しています。

原神氏:
 これまでシリーズを楽しんでくれていたユーザーを後悔させないタイトルにしていくことが一番大事だと考えています。

吉川氏:
 ただ,最新のシューティングゲームの情勢も取り入れるべきですよね。グラフィックスや演出面の見せ方は,当時よりも高画質になっているので派手にはなると思うんですけど。

原神氏:
 当時のシューティングをそのまま作ります! っていうのは言ってしまえばただの逃げだと思っているので。いまの時代に即したものを作るといった使命感は持っています。

4Gamer:
 彩京弾※の有無も気になります。

※彩京弾:見てから回避するのが非常に難しい高速弾。また,高速弾を絡めた一連の弾幕の総称

原神氏:
 彩京シューティングを作るうえで絶対に外せない要素だと考えてはいます。

吉川氏:
 ファン目線の話をすると,いまの解像度で彩京的なパワーアップアイテムやボムがあって,彩京弾が飛んでくるだけで激アツですよね(笑)。

原神氏:
 彩京のシューティングゲームは,“彩京シューティング”と呼ばれる1カテゴリーとして,ユーザーに親しまれてきました。
彩京弾もそうですが,いまも言葉して残っているのはとてもありがたいし,光栄なことだと感じています。

吉川氏:
 彩京シューティングの系譜から外れるくらいであれば,最初から別のIPを使います。
そこは実際に作るディレクターに伝えていかないといけませんね。

4 no name@NS-NEWS 2019/05/18(土) 00:35:08.52 ID:qQuLPcha0.net
4Gamer:
 今年は「対戦ホットギミック アクセス雀」もNintendo Switchに配信されるとのことですが,こちらはPS2で発売された同作を純粋に移植するといった認識で大丈夫でしょうか。

原神氏:
 そうなりますね。ですので,白い光は入らない感じです。

吉川氏:
 ただ見た目というか,解像度はかなり変化しています。

4Gamer:
 白い光といえば,「ホットギミック」と並ぶ麻雀タイトルの「スーパーリアル麻雀」シリーズもNintendo Switchで発売されています。
あちらは順次過去のシリーズを展開していくことが発表されていますが,「ホットギミック」も過去作の移植や,新作を作る予定はあるのでしょうか。

原神氏:
 そうですね……。考えていますとだけ(笑)。

4Gamer:
 保有しているIPを考えると,ジャレコの「スーチーパイ」シリーズと「ホットギミック」シリーズのコラボレーションも面白そうです。

吉川氏:
 そこは考えていないわけがないですよね。ただどういった形でみなさんにお見せするかについては検討を進める必要があります。

原神氏:
 単に「ホットギミック」と「スーチーパイ」のキャラクターを合わせて麻雀をしますというだけでは,両シリーズのファンは納得できないと思うんですよ。
現段階では,いい着地点を見つけるべく,模索中といった状況になりますね。

4Gamer:
 ところで,アーケード版の「ホットギミック」の移植はやっぱり難しいんでしょうか。白い光を使ったりとか……。

原神氏:
 いまの時代の倫理的な問題を解決するのが難しいんです。
そもそも“おしおき”といった表現がダメで,「おしおき=女の子に暴力を働いている」といった判断になってしまうので。
ですので,家庭用に移植したタイトルは“ハプニングH”っていうカテゴリーにして解決しました。
いずれにせよ今後,移植や新作を出すにしてもギリギリまでこだわっていきたい,妥協はしたくないですよね。
今回配信する「アクセス雀」ですが,PS2版を出す時にCEROさんと打ち合わせをしたときに,対象年齢15歳以上じゃなく,当時の一番上のレーティングである18歳以上を目指したいと主張したことを覚えています。
家庭用に移ってもギリギリまでユーザーさんに見せてあげたいというこだわりがありましたね。
また,今回は移植ですが,「ホットギミック」シリーズで次をやるのであれば,オリジナル――新しい作品を作りたいと考えています。

吉川氏:
 いまってゲームを遊べる形態ってたくさんありますよね。ですので,隠さなくても出せるプラットフォームもあるんじゃないかなって思っているんですよ。
 現状はフラットに,どのハードで出すのか,ハードではなくクラウドなのか,発売するのも日本なのか海外なのか,そういった思いつくすべての選択肢を全部混ぜて,「ホットギミック」というIPをどう展開していくかを考えているところです。
 少なくとも,隠して制限して,開発の方も苦労して,ユーザーも満足できないプラットフォームでわざわざ出す必要はないとは思っていて,そこはしっかりと考えていきたいですね。

原神氏:
 開発もユーザーも満足する形で展開したいですね。

4Gamer:
 脱衣の方もですけど,当時のユーザーとしては,アーケード版のジャンファイト※がやりたい気持ちもあります。

※アーケード版のジャンファイト:全身タイツを着用した“ジャンファイター”が登場するモード。あがった役によって変化する必殺技をぶつけあう対人戦や,シリーズ後半の作品ではギャグやパロディ満載のストーリーが楽しめた

5 no name@NS-NEWS 2019/05/18(土) 00:36:41.61 ID:qQuLPcha0.net
原神氏:
 「ホットギミック」シリーズは,脱衣麻雀をまっとうに作ったタイトルのつもりだったんですが,一部ユーザーさんにとっては「ジャンファイトがメインだ!」という人までいるぐらいなので,そちらをフォロー,ピックアップする企画も動かしています。
 また,いまの麻雀ゲームは4人打ちが主流になってきていますけど,こういった2人打ちの麻雀ゲームの文化は残していきたいし,今後面白い形で出せたらなと考えています。

4Gamer:
 脱衣麻雀に100円を積んで必死に遊ぶといった文化は,いまの若い子には伝わりづらいかもしれません。

吉川氏:
 そうですね。「ストII」で負けてムカついたから「スーパーリアル麻雀」をやる,みたいな(笑)。
シューティングはもちろん,麻雀ゲームでも他社さんと話がしてみたいですね。
それこそいまNintendo Switchで「スーパーリアル麻雀」を出しているマイティ―クラフトさんなんかとは一度お会いしたい。

原神氏:
 「スーパーリアル麻雀」「ホットギミック」「スーチーパイ」と3つそろったら夢が広がりますね。

吉川氏:
 あとは「アイドル麻雀ファイナルロマンス」シリーズシリーズなんかも。

4Gamer:
 お話があれば,ぜひ4Gamerで記事化させてください(笑)。

原神氏:
 実現すれば面白いかもしれないですね。脱衣麻雀ゲームの重鎮座談会! みたいな(笑)。

9 no name@NS-NEWS 2019/05/18(土) 00:49:09.69 ID:YWB9kVnvd.net
かなりぶっちゃけてるインタビューだなw
ゼロディブはswitchで生まれ変わったから今後もswitchで頑張ってくれ
10 no name@NS-NEWS 2019/05/18(土) 00:49:26.75 ID:RqTtxWRoa.net
おおお新作来た!
11 no name@NS-NEWS 2019/05/18(土) 00:49:50.07 ID:txsnfRf/0.net
縦画面対応シューティングは
switchのテーブルモードが理想的なんだよな

まあ大画面TVも当然ありなんだけど

16 no name@NS-NEWS 2019/05/18(土) 00:58:26.97 ID:zLMJvOR8p.net
とりあえず応援しとく、頑張れ
26 no name@NS-NEWS 2019/05/18(土) 01:21:56.02 ID:zVcW9pC+M.net
ホットギミックも2作まとめてパッケージ版出してくれたら嬉しい
32 no name@NS-NEWS 2019/05/18(土) 01:26:13.32 ID:UTnc/3D3a.net
ストライカーズよりガンバード派
ドラゴンブレイズでもいいぞ
45 no name@NS-NEWS 2019/05/18(土) 01:45:19.06 ID:K3VspPwwM.net
ケイブのシューティング移植されないかな
箱に出てるやつほとんど高くなっちゃってるしどうにか出てくれないかな
ケイブの版権もここがなんとかゲットして出してほしい
スイッチで虫姫さまとかやりたいんじゃ~
46 no name@NS-NEWS 2019/05/18(土) 01:46:29.36 ID:80mQ69RF0.net
ケイブってM2STGで出してなかったか
今度また新しい移植出すとかでロケテやってたよ
49 no name@NS-NEWS 2019/05/18(土) 02:10:04.16 ID:l3eYBYwg0.net
まあゼロディブのやらかし時代の話で「外注だったんで上手く行かなかったんですわ」って話は
話半分でしかきけないわw

でもSwitch以降のゼロディブは確かに良くなったので今後も切磋琢磨して欲しいわ

74 no name@NS-NEWS 2019/05/18(土) 05:47:52.46 ID:j/YjLvRs0.net
>「ホットギミック」シリーズは,脱衣麻雀をまっとうに作ったタイトルのつもりだったんですが,一部ユーザーさんにとっては「ジャンファイトがメインだ!」という人までいるぐらいなので,そちらをフォロー,ピックアップする企画も動かしています

わかってるじゃあないか!

『4Gamerにシティコネクション・吉川氏とゼロディブ・原神氏のインタビュー記事が掲載『ストライカーズ2020(仮)』と『対戦ホットギミック アクセス雀』発表』へのコメント

  1. 名前:no name@NS-NEWS : 投稿日:2019/05/18(土) 18:09:55 ID:g2NzQ0Mjk

    ケイブのSTGは欲しいな

  2. 名前:no name@NS-NEWS : 投稿日:2019/05/18(土) 19:39:13 ID:UzMzQ2ODM

    「少なくとも,隠して制限して,開発の方も苦労して,ユーザーも満足できないプラットフォームでわざわざ出す必要はないとは思っていて,そこはしっかりと考えていきたいですね。」
    コレは少なくともホットギミック系がゴミステに出る確率はほぼ無いって言ってるのと同じやな。

コメントをどうぞ